コンブチャクレンズとQutt-Tea(キュッティ)の比較5番勝負!

 

紅茶キノコを生活に取り入れて美容やダイエットに活かしたい!

という方の中には、コンブチャクレンズQutt-Tea(キュッティ)のどちらが良いのだろうか?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず、このコンブチャクレンズとQutt-Tea(キュッティ)は、紅茶キノコをベース有効成分を配合して美容・ダイエット効果を得る!という同様のコンセプトの元で開発されていて、その上お互いの公式サイトの雰囲気も内容も似ているのでどこがどう違うのか?一見よくわかりません。

紅茶キノコ製品マニアみたいな私が熟読して見比べてようやく違いが分かるくらいなので…、これは、普通の人には分からないと思います。

ここでは、私がコンブチャクレンズとQutt-Tea(キュッティ)を徹底的に比較して分かった違いを解説していきます。

是非、選ぶ時に役立てて下さい。

 

コンブチャクレンズとQutt-Tea(キュッティ)の比較5番勝負

 

比較1.成分

 

コンブチャクレンズ

 

イソマルトオリゴ糖液糖、ガラクトオリゴ糖液糖、食物繊維、有機アガベシロップ、りんご酢、植物発酵エキス(りんご、オレンジ、バナナ、キウイフルーツ、ゴマ、カシューナッツ、大豆、やまいもを含む)、カムカム果汁、ココナッツウォーターパウダー、トウガラシエキス、アサイーエキス、L-シトルリン、ショウガエキス、トルラ酵母エキス、ルイボス茶エキス、パン酵母エキス、ローズヒップエキス、ハイビスカスエキス、乳酸菌末(殺菌)、植物性乳酸菌末(殺菌)、マキベリーエキス/クエン酸、香料、甘味料(ステビア)、緑茶抽出物、保存料(安息香酸Na)、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸

 

Qutt-Tea(キュッティ)

 

紅茶エキス末(紅茶、オリゴ糖)、難消化性デキストリン、発酵紅茶エキス末、パン酵母、乳酸菌(殺菌乳酸菌体)、乾燥生菌粉末(乳酸菌末)、ギムネマシルベスタ抽出物、亜麻仁油、水溶性食物繊維、フラクトオリゴ糖、グァー豆分解物、サイリウム、アサイー果汁末、マキベリー濃縮果汁末、ココナッツオイル、植物発酵エキス末、野草発酵エキス末、植物発酵抽出物、トウガラシ末、L-シトルリン、ルイボス茶抽出物、ローズヒップ果汁粉末、ジンジャーエキス末、米胚芽・大豆発酵抽出物、樹木抽出物、甘草抽出物/トレハロース、クエン酸、環状オリゴ糖、香料、甘味料(アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物)、結晶セルロース、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、植物レシチン、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、酸化防止剤(V.E.)(原材料の一部に乳、オレンジ、りんご、キウイフルーツ、大豆、バナナ、カシューナッツ、ゴマ、やまいもを含む)ラチン、豚肉を含む)
成分比較まとめ

 

両者の成分を比較すると主成分となる紅茶キノコ・各種有効成分は殆ど同じであることがわかります。

相違点として、コンブチャクレンズはマンゴー味のシロップを薄めて飲むスタイルなので、製品の特性上リンゴ酢と果糖が含まれていて、粉末に水や炭酸水を入れて飲むスタイルのQutt-Tea(キュッティ)よりもカロリーが高くなっています。

 

なので、極力カロリーを控えたいならQutt-Tea(キュッティ)が選択したほうが良いということになります。

 

比較2.コスパ(値段税抜)

 

コンブチャクレンズ(1本1ヶ月分)

 

単品 1本 5500円

継続コース

初回 1本 1950円
2〜3回目 1本 4950円
4〜7回目 1本 4675円
8回目以降 1本 4400円

継続コースは3回必須継続契約、4回目以降電話連絡で停止可能

最低継続期間費用

初回 1950円 + 2〜3回目 4950円×2=11850円

 

Qutt-Tea(キュッティ)(1箱1ヶ月分)

 

単品 1本 5780円

継続コース

初回 1本 1990円
2回目以降 1本 3980円

継続コースは4回必須継続契約、5回目以降電話連絡で停止可能

最低継続期間費用

初回 1950円 + 2〜4回目 3980円×3=13890円

 

コスパ比較結果

 

単品・継続コースの最低継続利用料金ではコンブチャクレンズの方がコスパに優れています。

しかし、継続した際の1本単価はQutt-Tea(キュッティ)の方が安いので、4ヶ月以上継続するのならQutt-Tea(キュッティ)の方がコスパに優れていますね。

4ヶ月継続した場合の料金

 

コンブチャクレンズ

初回 1950円 + 2〜3回目 4950円×3=16525円

Qutt-Tea(キュッティ)

初回 1950円 + 2〜4回目 3980円×3=13890円

 

また、Qutt-Tea(キュッティ)は公式サイトから購入すると購入後30日以内の返品に対して全額返金保証制度を用意しています。しかも、返品に対する条件も緩く利用しやすい制度です。

対してコンブチャクレンズはそういった返金保証制度は用意していません。

 

比較3.飲みやすさ

 

コンブチャクレンズ

 

マンゴー味のシロップを水や炭酸水などで割って飲むスタイル、マンゴー味が嫌いでなければ美味しく頂けます。

 

Qutt-Tea(キュッティ)

 

アップルティー味の粉末を水や炭酸水などで割って飲むスタイル、甘さ控え目なので甘いのが好きな方には物足りないかも?アップルティーが苦手でなければ美味しく頂けます。

 

飲みやすさ比較結果

 

飲みやすさは味の好みによる所が大きいので、一概にどちらが優れているとは言えません。

マンゴー味や甘味料が苦手な方はコンブチャクレンズは避け、アップルティー味が苦手な方はQutt-Tea(キュッティ)を避けるのが良いでしょう。

 

比較4.効果

 

コンブチャクレンズとQutt-Tea(キュッティ)の両者の主成分となる紅茶キノコ・各種有効成分は殆ど同じですので効果も殆ど同じだと考えられます。

但し製品の特性上コンブチャクレンズの方にはリンゴ酢・果糖が含まれているので、痩せやすさの観点から見ると、Qutt-Tea(キュッティ)の方が痩せやすいと言えます。

 

比較5.続けやすさ

 

コンブチャクレンズもQutt-Tea(キュッティ)も、どちらも水や炭酸水などを用意して飲むという摂取の仕方は一緒です。

栄養補給という観点からすれば続けやすさはどちらも同じですが、ダイエットを目的として置き換えドリンク方を実施するのなら、外出先でも包装紙をササっと開けて作成できるQutt-Tea(キュッティ)の方が優れています。

 

キュッティは1袋ずつ使うタイプなので続けやすい♪

 

キュッティが向いているのはこういう人

 

コンブチャクレンズとQutt-Tea(キュッティ)を比較した結果、総合的に見るとQutt-Tea(キュッティ)の方が優れていることがわかります。

特に全額返金保証制度を用意していることが大きく、もしどちらかに迷っている場合ならQutt-Tea(キュッティ)の方から試されることをオススメします。

 

特にQutt-Tea(キュッティ)が向いている人を上げていくと、、、

めんどくさがり屋さん
→Qutt-Tea(キュッティ)は飲むだけでOK

運動したくない人
→Qutt-Tea(キュッティ)は1食置換るだけ

忙しい人
→Qutt-Tea(キュッティ)なら、どこでも作りやすく摂取しやすい

節約屋さん
→Qutt-Tea(キュッティ)は、1回100円以下

最新アイテム好き
→Qutt-Tea(キュッティ)は、紅茶キノコ製品で一番新しい(2016年12月1日発売)

 

コンブチャクレンズはTVでもすでに取り上げられていて有名ですが、実際にはいろんな意味でキュッティの方がアドバンテージが良いわけです。

 

 

私は上の宣伝を見てQutt-Tea(キュッティ)を選び4ヶ月間で6キロのダイエットに成功したんですが、その時のリアル体験記はこちらにまとめてありますので、よかったら参考にしてみてくださいね。